引っ越しで一番めんどくさい作業といえば?

引っ越しといえば、やらなくちゃいけないことがたくさんあります。

引越し先を決めて、引越し日を決めて、さらに今住んでいる所の解約手続きをしなくてはいけません。

そして、引っ越しの日までに、荷造りをする必要があります。

転出届などの各種手続きも必要になるので、引っ越しが決まると結構バタバタします。

引っ越しの日程にはある程度余裕を持ちたいものですね。
さて、引っ越しには色々めんどくさい作業がありますが、その中でも面倒なのが荷造りではないでしょうか。

単身世帯であれば、それほど荷物が多くないという人も多いでしょうが、家族世帯の引っ越しとなるとそれなりに荷物があります。

人数が多くなればなるほどですね。

衣類はもちろんの事、食器なども増えていきます。

食器類は割れるなどの破損の可能性があるため、梱包には気を使います。

極端な話をしてしまえば、壊れにくいものであればダンボールに適当に詰めることができるので楽ですが、食器類の荷造りが一番面倒です。
引っ越しで荷物を出し終わった後は、掃除が残っています。

貸家であれば、次の人が入る前に大家さん側でルームクリーニングをお願いするでしょう。

そうは言っても、簡単に掃除はしておきたいところです。

掃除機と拭き掃除ぐらいは、それまでお世話になって意味も込めてしておきたいですね。

最後に、大家さんや管理会社の立会があるので、その際も掃除してあるほうが印象が良くなりますよ。

 

引越業者は意外となんでもやってくれます!

引越業者ですが、引っ越しでやらなくちゃいけない作業はやってくれるものが多いです。

CMでもおなじみの引っ越しらくらくパックなどがそれにあたります。

荷造り→搬出→運搬→搬入→荷解き・設置をすべておまかせできます。

業社がそれらの作業に対応していることが条件にはなりますが、荷解きなどは自分でやるといったように、内容も結構細かく支持できます。
荷物を運びだした後のお掃除や、引越し先の搬入前の掃除なども、オプションで扱っていたりもします。

やってほしいことをリストアップしてみると、業者選びの時に役に立ちます。
引越業者が代行が難しいのは、手続き関係です。

各種契約の住所変更などは、自分で行う必要があります。

郵便局に出す転送届程度であれば、代行してくれるサービスを行っているところもありますよ。

 

対応している引越業者を探す!

引越業者すべてが、色々なサービスを用意してくれているわけではありません。

むしろ、搬出・運搬・搬入だけという所のほうが大きがします。

なので、やってほしいことがあるのであれば、あなたが面倒だし業社に頼みたい!と思うことをやってくれる業社に頼む必要があります。

まずは、どこまで引越業者に頼みたいかは、しっかり考えておきたいですね。

対応可能な業社でも、サービスとしてやってくれることには限りがあり、基本的には別料金が発生します。

あれもこれもと頼んでしまうと、引越し費用がかさんでしまいます。